ミニ盆栽×漆器「ちょこぼん」観葉植物感覚おしゃれなインテリア盆栽
カート
ちょこぼんって何?
ユーザー
カテゴリで絞り込む
ブランド一覧
植物の種類で選ぶ
  • ハゼ
  • ハマボウ
  • モミジ
  • マツ
  • レンザンヒノキ
  • ケヤキ
  • サクラ
  • 盆栽のタイプ
  • 砂ありタイプ
  • コケ玉タイプ
  • 砂なしタイプ
  • 苔盆栽
    • ホーム
    • ミニ盆栽「ちょこぼん」コラムvol2 〜切り戻し〜

    初心者にも育てやすい
    ミニ盆栽 入門は
    「ちょこぼん」から

     
    〜最近のミニ盆栽「ちょこぼん」あれこれ〜
    Vol.2 切り戻し
    2019.01.24更新





    切り戻し,ちょこぼん,ミニ盆栽





     
    こんにちは ミニ盆栽の「ちょこぼん」です。

    今回の盆栽コラムは、ミニ盆栽「ちょこぼん」の育て方についてです。

    えぇ!?と思う方がいるかも知れませんが、ミニ盆栽「ちょこぼん」は、基本「大きくしない」というのが育てるポイント。(そんなことどこにも載ってないよ!と思った方すみません。ここで初めて言いました。)




    ハマボウ,ちょこぼん,ミニ盆栽


    ミニ盆栽「ちょこぼん」はちょこんとしたサイズ感が魅力の商品です。盆栽師が1品1品丁寧にバランスを見極め、美しいシルエットになるように細部まで気を配って作っています。なので、お求めいただいた時の状態がベスト!その状態を維持するのが、ミニ盆栽「ちょこぼん」を美しく保つ秘訣なんです。

    その為にはどうすればよいか?

    答えは簡単!
    伸びた分を切れば良いのです。
    切り戻しと言います。
    (※注意!松はこれに該当しないのでまた後日改めてお話ししますね)


    伸びた分を切る、、、、
    簡単そうに書いているけど
    これは初めての時はとても勇気のいることだと思います。

    こわいこわい、
    せっかく伸びたのに切るの!?
    切ったらその先どうなるの!?
    葉がなくなってしまうよ!
    かわいそう。
    もう不安だらけ。


    とってもわかります!その気持ち。



    でも安心してください!
    大丈夫です!
    切った方が木のためなんです。



    ミニ盆栽「ちょこぼん」で使用している「もみじ」や「ハマボウ」、「ハゼ」等はとても生命力が強いので、切っても切ってもいくらでも芽が出てきます!



    逆に言うと、切らないとダメなんです。器に対して植物が伸びすぎると、アンバランスになり、見た目や栄養面に置いても植物とって良い条件とは言えません。



    伸びた部分を切る事によって、ミニ盆栽「ちょこぼん」で使用している器の中で植物が生きて行くのにちょうど良い大きさが保たれるのです。



    なので、大きく育てたいなと言う方は植え替えるのがオススメです。




    では、具体的にどのように切れば良いかをご説明します。伸びた部分を切ればOKなのですが、いったいどこが「伸びた部分」なのか?



    まず、植物を良く見ていただくと幹の色が違っている部分があると思います。
    茶色い「木」の色の個所と、少し赤っぽかったり緑がかった、まだ柔らかそうな個所と言えば良いでしょうか。




    ハマボウの例ですが
    下の写真の場合は

    ミニ盆栽,切り戻し


    ここ!
    この部分です。



    ミニ盆栽,切り戻し




    この部分が新しく伸びた部分です。この色が変わっているところを少し残して切ってください。すると、数日で節から新しい芽が出てきます。節は人間で言う関節のようなイメージです。(茎にある突起した個所が節です)




    ミニ盆栽,切り戻し


    エイっとカットしてしまえば散髪したての頭のようにスッキリします。



    葉っぱが全部なくなっても大丈夫!節さえあれば、ちゃんとそこから新しい芽が出てきます!そして最初はゴマより小さな小さな芽が出てきて、数日でこのような状態になります。



    ハマボウ,切り戻し



    すごくイキイキした芽が出てくるので切る前の不安は解消!きっと次回から切り戻しへの抵抗はなくなっているはずです!


    こんな感じで、伸びたら切る、伸びたら切るを繰り返して良いバランスを保っていただくのがオススメです。


    また、応用として樹勢の均等化を図る事も出来ます。ツクツクとはえるハマボウの場合、元気に伸びる樹とそうではない樹が出てくる場合がありますが、元気に伸びる樹を切り戻す事によって、弱いところに栄養を回すことができるのです。


    コツを押さえればとても楽しい切り戻しの作業。少しづつ手を入れながらミニ盆栽「ちょこぼん」を楽しんでください。



    〜おまけ〜
    切った枝を捨てるのは気が引ける、、という優しい方へ
    切った枝を土や水にさすと根が出てきますのでまた新たに育てていただくことができますよ。(必ず出るとは保証できないのですが^^;)



    まだまだお話したい事が沢山有りますが長文になってしまったのでこの辺で!
    松の育て方についてや、ミニ盆栽「ちょこぼん」にかけてある針金について等またお話したいと思います。





    ★落葉中ですが、販売してます!
    春になったら芽吹きます
    ハマボウの「ちょこぼん」はコチラ


    ★前回のコラム
    Vol.1 WAVE のコラムはコチラ

    ★次回のコラム
    Vol.3 〜金掛を切る〜のコラムはコチラ


     

    コンテンツ
    CONTENTS